「仕事が早いこと」は「仕事が正確であること」より価値がある。

私はサラリーマン時代、部下に対し「多少間違ってもいいからスピードが大事」とよく言っていた。少々の間違えは仕組みを作るなり、上司が大きなトラブルにならないよう要点をチェックすればよい。

一方で仕事が早いということは、より多くの仕事をこなすことができるし、相手の期待を上回ることで信頼を勝ち取ることもできるから価値が高い。

ゆっくりでいいから正確にやれという人は結構多いが、自分が無能だと言っているようなものだ。そういう人ほどミスがあれば部下にせいにするし、生産性を高めることもできない。

「仕事が早いこと」は「仕事が正確であること」より価値があるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。