信用分析の結果(中堅リフォーム会社の子会社の工事会社)

顧客より、元請工事会社の財務状況が悪いらしいので、内容を調べて分析してほしいとの依頼を受けた。

結論としては、取引をすることに対して問題なしという評価をした。というのは、その工事会社自体の決算内容は確かに良くないのだが、親会社は事業基盤のしっかりしたリフォーム会社。財務内容も申し分なく、借入金も親会社からしていると思われる。

このように帝国データバンクなどの評点や表面上の決算書のみで評価すると怖くて取引できないが、親会社・社長の個人資産まで確認することで、実は問題ないというケースはよくある。機会ロスをしないためにも、取引先の信用状況についてしっかり確認することをおススメします。興味のある方はご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です