信用分析の結果(某ハウスメーカー)

先日行った信用分析の結果を一部紹介します。

「自己資本比率も低く、さらに実質的には換金価値のない無形固定資産が占めており、財務状況としては非常に不安です。顧客からの前入金、支払サイトは長めにとり資金を回しています。あまり在庫は持たない事業モデルではありますが、売上が低迷すれば借入金が増えることが目に見えており、短期間に悪化する懸念があります。
あまり深入りせず一定の金額以内で取引するとともに、可能であれば少しずつ他の会社にシフトすることをおススメします」

また、対策としては毎年決算書を入手するとともに、アラームボックスというモニタリングサービス(5社で1,480円/月)で最新の情報を入手する方法がある旨お伝えしました。

私は商社時代に数千社もの決算書を分析し、倒産のリスクのある会社は誰よりもわかると自負しています。取引先の信用状況について不安のある方は是非ご用命ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。