借入だけではなく、リスケという選択肢もある。

新型コロナウイルスの影響により、売上が激減したことで資金調達の相談をたくさん頂いている。

日本政策金融公庫や保証協会融資をご案内するとともに、相手の状況によっては、リスケという選択肢も提案している。安い金利や実質無金利で借りることができるとはいえ、やはり借入金である。緊急つなぎ融資と言われる性質からも、借入期間は短めに設定されることも多いため、数年後の返済が厳しくなる。

勿論、銀行とのその後の関係にも影響を及ぼすため、慎重に相談をしながら進めなければならないが、某銀行の融資担当に聞いたところ、「銀行としては(実績が上がるため)借入してほしいが、相手の立場に立てばリスケの方が良い場合もあるのではないか」との回答だった。

借りるという選択肢だけではないので、迷っている方はご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です