創業融資を民間の金融機関で実施するメリット

創業融資というと日本政策金融公庫が一般的であり、金利は安く(民間での金融機関が必ずしも劣るわけではない)借入条件に対しても柔軟に対応してもらえるというメリットがある。

一方で事業拡大につなげるという点では、地銀や信用金庫といった地域密着の民間の銀行で創業融資(信用協会付)を実施するのもメリットがある。例えば、融資を受ければ担当者がつくので、取引先の紹介や交流会の案内など、創業期より営業面でのバックアップを受けることができる。また、良い意味で外部の目にさらされるので経理面なども意識することになり、信用力を高めることができる。

以上につき、成長スピードを考えた場合、民間の金融機関を最初から利用するというメリットは大きい。希望の方は事業計画の作成から金融機関との交渉までご支援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。