国内知財訴訟費用保険

損保ジャパンが販売している「国内知財訴訟費用保険」というニッチな商品がある。

この保険は、第三者の知的財産権(特許・意匠など)を侵害したことまたは侵害するおそれがあることを理由として、権利者より訴訟を提起されたことによって生じた費用(弁護士費用・弁理士費用など)に対して保険金を受け取ることができる。

私も以前、輸入家具販売業のベンチャー企業の総務部長をしていたときに、大手家具メーカーより訴えられた経験がある。その際、弁護士費用・弁理士費用として400万円ほどの費用が生じたが、かなり痛い出費であった。

このように知財訴訟は費用が高額になる場合が多く、特に中小企業には負担が大きい。安心して訴訟に臨めるという点で価値のある保険といえる。

保険料もそれほど高額ではないので、特許や意匠で争う可能性のある中小企業の方(特に似た形状のものを販売している業界であれば常に訴訟を提起される可能性はある)是非ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。