情報とはしないことを決めるためにある

10年以上前に勤めていた会社の社長に「情報とはしないことを決めるためにある」と教えて頂いた。その教えは当時結構なインパクトがあり、その後の自分に大きな影響を与えてくれた。

私が提供するサービスの会社分析はまさにその通りで、信用状況を知ることで、取引しない会社(または、この条件では取引しないこと)を決めるためにある。

本来、未回収や自社の信用力低下の懸念がなければ、どんどん売りたいののである。だからしないことだけ決めれば、後は本来の売る仕事に集中することで効率的な営業ができる。

つまり、会社分析することでやらないことを決めれば、効率的かつ攻めの営業ができることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。