数年後のM&Aのために、今経理面からご支援します。

本日、日本M&Aアドバイザー協会が主催するセミナーに参加した。

M&A市場としては、近年事業継承問題から成立数は加速度的に増加している一方で、譲渡価格は1億円以下の小規模な案件が多数を占めている。

私はこれまでIPO準備を目的として監査法人などの紹介で会社に入り、結果として、IPOからM&Aに切り替えてクロージングまで複数回経験している。今の環境下であれば、この実務経験を生かした仕事はないだろうか?

具体的には、事前に経理を整備することや、財務諸表では分からない会社の強み(取引先であったり、特殊技能であったり)を上手にアピールできるよう準備することで、売り手企業の交渉のお役に立つことができる。

M&Aの仲介会社さん、数年後の売却を考えている社長さん、是非ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。