海外投資保険 その2

少し前のブログで、8月1日より東京海上日動火災保険が海外投資保険の販売を開始したことをお伝えしたが、まさに今導入を検討してほしい会社があるので再度ご案内します。

海外投資保険とは、①外国政府による権利侵害②戦争やテロ・内乱を原因として1か月以上事業活動の停止③自然災害④送金の阻害 これらによる損失を補償したものである。

紹介したいのは、韓国に子会社を持っている会社である。もし、暴動により工場や店舗などが破壊され、1か月以上事業活動に影響が出た場合は、一定の割合でこの海外投資保険で損失を補償できる(被害額実費をそのまま請求できるのではない)。最低保険料もなく、保険料率も今のところ負担の少ない設定になっているので、是非ご相談ください(今後一層リスクが高まることで料率の引き上げや引き受けそのものに影響が出る可能性もあるかもしれない のでお早目に)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。