海外投資保険 インドネシア編

昨日、インドネシアで会計税務コンサルをされている方と情報交換する機会を頂いた。

インドネシアは人口が多く平均年齢も若いため、市場の大きさと労働力の確保のために多くの日系企業が進出している一方、「政治的安定」や「法の支配」の指標が低く、暴動や政府による不当没収などのリスクがあるため、現在私が推進している「海外投資保険」を提案するにはピッタリの対象国であると言える。

税務署による不当な没収やライセンス規制、さらには大規模な労働争議など、コンサルの方よりより具体的なリスクに対する話を伺ったので、これらも明らかにしていこうと思う。

インドネシアに子会社のある会社の方、海外投資保険に興味がありましたらご連絡ください。このような場合は対象になるのか?などの質問も歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です