相続税対策~不動産投資~

本日、某銀行の不動産投資部門の方より、相続税対策を目的とした不動産投資について話をお聞きした。

不動産投資のメリットとして、土地は相続税路線価、建物は固定資産税評価額で評価されることにより節税されることは理解していたが、案件によってはもっと大きな節税ができることが分かった。

例えば東京の場合、大通りの路線価と一本二本中に入った場所の路線価では大きな違いがあるが売買価格はそこまでの差はない。従って、一本二本入った商業ビルはより大きな節税効果があるということだ。

ただし、路線価の何倍もの不動産を購入するという見方もできるから、将来は路線価が上がる?それともバブルではないか?という懸念も若干残った。

いずれにしても自分には縁のない世界ではあるが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。