私(コンサルタント)の役割とは

先日、ある方からメインではない仕事を続けるかどうかの相談を受けた。

まずは話を聞き、1つずつ分解していく。①現状の収支は… ②1番の問題点は… ③もし問題点が改善されたらどうなるか… ④改善の方法はあるか… ⑤一部を外部に委託することはできるか… ⑥間接的なメリット、デメリットは… ⑦そもそのその仕事に将来はあるのか、などなど  

このように色んな選択肢を一緒に考えるのだが、結果としては続けないという結論になった。

実は、最初から続けないという結論は心の中にあって、私に判断を求めているわけではない。決断するにあたり何か見落としているものはないのかを確認されているのだ。 私は、コンサルタントとは偉そうに指導するのではなく、経営者の選択肢を増やす、または決断しやすくするのが仕事だと思っているので、役割を果たすことができたのかなと思う。

このようなご相談お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。