経営コンサル業と保険代理業の融合

私は経営コンサル業に加えて、損害保険6社、生命保険11社の乗合代理店の名古屋支店長を兼務している。

二束の草鞋は…と否定的にいう人もいるが、私にとっては、どちらが本業・副業ではなく、両輪?いや融合と言いたい。

コンサルとして関わっていれば、色んな経営課題が分かり、その解決方法として保険を提案することも多く、自ら設計できるメリットは大きい。一方で保険をきっかけに、もっと広い範囲で保険以外の提案をすることもできる。これこそ、私にしかできないアプローチであり、自分にしかできない提案に繋がる。

【人がやれないこと、やりたがらないことをやる】それだけを追求していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。