金銭トラブルを犯した社員にチャンスは与えない

これまで複数の会社の法務担当として、金銭トラブルを犯した何人もの社員を退職させてきた。最もやりたくない仕事の一つであるが、会社を守るためには重要な仕事だ。

横領、不正、同僚への多額の借金問題など、様々なパターンがあったが、金銭トラブルを犯した社員にチャンスは与えないという姿勢が必要だ。やむを得ない理由で金銭トラブルを犯すことはなく、まずギャンブルや異性関係が原因になっている。

少々仕事ができる社員であったとしても、問題を犯した社員は躊躇なく辞めさせないといけない。タイミングを逃すと次の対応が難しくなるからだ。

こういう姿勢を貫くことで冷たい人だと言われたこともあった。辞めさせる苦労を知らない管理者ほど無責任なことを言う。これもパターンである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。